進行がとてもゆっくりな網膜色素変性症

目の病気にはいろいろとありますが、ゆっくりと進行をするので気が付きにくいのが網膜色素変性症です。
日本で失明になる原因のトップは緑内障、次いで多いのは糖尿病、第3位に入ってくるのが網膜色素変性症であり、あまり耳慣れないことがですが用心が必要になります。
網膜色素変性症になると網膜に異常をきたすようになるので、視力低下が起こりますし、今までよりも見え方が変わるので、視野が狭くなりがちです。
胃遺伝性の目の疾患ですが必ずしも親から子に伝わるとは言い切れず、子供は発症をしないケースもありますし、反対のパターンもあります。
明るいところでやけにまぶしさを感じる羞明の症状が出たり、暗いところで見えにくい夜盲になったり、視野狭窄や視力低下の症状が出たら、早急に眼科を受診することです。
初期症状として感じやすいのは夜盲の症状であり、やがて視野がゆっくりと狭くなります。
網膜色素変性症は失明をする病気と位置付けるのは早合点であり、視力低下は起こるものの視力をどうにか維持するケースは多いです。

スマートフォンとの連携もばっちり
いざという時も安心!
名電通の最新ナースコール、導入をご検討してみてください

東海市で初回お試し割引で全身マッサージが受けられる接骨院
あなたのライフスタイルや症状に合わせた全身マッサージを割引価格で受けることができます。

婦人科系のお悩みは札幌の美容鍼院へ

様々な専門的治療もしている千葉の動物病院
一般診療やフィラリア予防だけではなく、動物心理科や腫瘍科などの専門的診療も行っています。

東京の再生医療スペシャリスト
資格を持つ本物の医師が、病を治す足がかりになります

最新投稿